結婚式場めぐり

支援金や寄付金を国家の税金補填にあてたら良いと思う

チャリティー活動を活発にやっている人はとても偉いと思う反面、なぜそういった活動をビジネス化して、組織的にやらないのか疑問に思う事があります。私のよく見ているサイト→寄付をクリック。
現在ではNPO法人も含めて営利目的ではないせよ、給料をもらいながら慈善事業を行っている人も少なくありません。おすすめのサイトは寄付団体を参考にしてみてください。
この不況下で就職ができない人が多い時代に無料で働く事ができる人ってどんな人なのか気になります。詳しい情報は募金はこちら。
どうせやるならしっかりと事業化してプロとしてやるのが一番ではないかと思うのです。現在様々な支援金がありますが、ああいった寄付金・支援金というのは誰が集めているのでしょうか。もっと調べたい方はチャリティーにアクセスしてください。
私も生活に困っている庶民として言わせてもらえば、アフリカ等の難民を助ける数億のお金があるのなら、日本のために何かをしてあげた方が良いと感じています。すべての支援金を集めたら消費税などいらないのではないかと思います。知りたい情報がここに支援です。
さらに、そういった支援金等を使用して所得税や法人税を減額できれば結果的に日本人が潤ってきて、みんなチャリティー活動を活発化させるのではないかと思います。